社員インタビューInterview

CLEA新宿店/アドバイザー/種澤 祐花

2019年中途入社

種澤 祐花

CLEA新宿店/アドバイザー

「フェイシャルのスペシャリストになりたい!」 CLEAでなら実現できると思いました。

「フェイシャルのスペシャリストになりたい!」 CLEAでなら実現できると思いました。

大手エステサロンで約5年間、多様な施術スキルを身につけてきました。でも何年か続けているうちに、「あ、私成長してないな」とふと感じるようになったのです。スキルやテクニックの向上だけではなく、古き良き社風がゆえ、よりやりがいのあるポジションにも若手スタッフが就けないことに疑問を抱き始めていました。
そんなときに自分を見つめ直したどり着いたのが、フェイシャルの専門性を突き詰めたいという揺るがない思いと、いつかは経営に携わりたいという目標でした。
ある日偶然目にしたサロンのホームページが、私の理想にぴったりでした。それがGiSELEです。面接でキャリアアップの仕組みや実力次第で上を目指せることを聞き、また経営陣との風通しの良さを肌で感じ、すぐに入社を決めました。
ライフステージの変化にも寄り添い、長きにわたるサポートを。

ライフステージの変化にも寄り添い、長きにわたるサポートを。

以前勤務していたサロンのお客様は、ミセス層の女性が大半でした。お客様と長いお付き合いをしたいと考える私には、やはり20代前半からお手入れを始められるお客様の多いGiSELEの方が合ってると感じます。
まだ自分に自信のない若い女性が、外見も内面も変わっていき、自信が満ち溢れてくる。時間と共に信頼関係が深まり、共にキレイに成長していく。結婚や出産、生活環境や人間関係など、女性にはライフステージの変化がつきものですが、その瞬間に寄り添い、お客様がより美しい大人の女性に成長していくサポートをすることが私たちのミッションであり、仕事のやりがいです。
新宿店ではアドバイザー2名、セラピスト8名、レセプション1名、マネージャー1名という体制で、お客様をお迎えしています。
セラピストとしてステップアップし、将来は店舗を任していただくことが目標です。

セラピストとしてステップアップし、将来は店舗を任していただくことが目標です。

GiSELEに入社し2年目の私ですが、新宿店では中堅のポジションです。先輩から学ぶことも多いですし、後輩を指導する(GISELEでは「シスター」と呼ぶ)ことも大切な役割です。
まずはチーフセラピストにステップアップするのがいまの目標。そのためには技術や知識だけではなく、人間性や考え方など、まだまだ自分を磨く必要があります。
そしてもちろんその先の夢もあります。店舗運営を任せていただくこと、会社の経営に関わること、それからもっと先の将来は、自分のサロンを持つなんてことも! GISELEではこういった夢や目標をどんどん発信したくなる風土があります。みんながそれぞれの目標に向かって頑張っている姿が刺激になり、勇気づけられ、自分も頑張れる。そこが一番の魅力ですね。
GISELE独自のランクアップ制度が、人間として成長させてくれます。

GISELE独自のランクアップ制度が、人間として成長させてくれます。

GISELEが運営するサロンすべてにノルマは一切ありません。そのためランクアップ制度の評価項目には、単なる売上高は入っていません。もちろんエステの施術は技術と知識により、お客様に提供できる価値に大きな違いが出てきます。ですが、GISELEのランクアップ制度でステップを1段上がるためには、売上高だけではだめなのです。
お客様を内面からも外面からも美しくサポートするためには、まずは自分自身の内面が美しくなければなりません。ですから、時には自分の弱さに目を向け、自分の殻を破ることも必要になってきます。過去の自分からどう変われたのか?どんな風に成長できたのか? 私たちはお客様にまっすぐ向き合うため、自分自身に日々向き合っています。
未経験でも大丈夫。自分を変えたい! と思う方には、本当におすすめです。

未経験でも大丈夫。自分を変えたい! と思う方には、本当におすすめです。

これまで繰り返し伝えてきましたが、GiSELEにはとにかく前向きで明るい社員が揃っていて、スタッフ同士の仲の良さと、経営陣との風通しの良さが自慢です。全店舗が、お客様とスタッフが生み出すポジティブなエネルギーに溢れています。
美容業やエステティシャンとしての経験がなくても、チャレンジしたいというまっすぐな気持ちがあれば大丈夫! 技術は様々な研修制度やOJTでしっかりと習得できます。それ以上に、「GiSELEに来て人生が変わった!」という社員がたくさんいることが、あなたにとってきっとプラスになると思います。

SNSでシェア

エステティシャンに関連する求人票を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加